管理職か現場か

管理職か現場か

システムエンジニアのキャリアを考える時

人が目指すキャリアにはいろいろな方向性がありますが、システムエンジニアの場合、経験を積み重ねつつ管理職を目指す人と、そのまま現場に留まりたい人に分かれるかもしれません。キャリアアップをしていきたいと考えている人はプロジェクトマネージャーになることを視野に日々仕事に励んでいるかもしれませんが、もともと技術職が性格的に合っていることを自覚している人は、管理職のシステムエンジニアが現場で苦労している姿を見ることによって、開発現場で働きたい気持ちを強くしていることもあります。

管理職と現場の仕事の違い

1つのシステムを完成させるためには、様々な役割の人の力を結集し、それをまとめ上げていかなければなりません。たくさんあるタスクをメンバーに分配し、プロジェクト全体の進捗状況を把握し、問題があれば修正したり人員を増やしたりするために必要な決定ができるのは管理職なので、ITエンジニアとしての経験や専門知識を持った人物が先頭に立つことになります。現場の仕事の場合、任される業務の範囲があるので、一度タスクが分配されたらその作業に没頭することができます。最新の技術や知識が求められることも多いので、現場で働き続けるためには日ごろからスキルアップのための努力が欠かせません。

管理職向きの人とは

管理職という仕事は、組織の中で先頭に立ってリーダーシップを発揮しなければならないので、自ら意思決定をしたいという積極的な気持ちを持っている人は管理職向きです。また、現場で管理職のやり方に困った経験から、同じことを繰り返さないために管理職になろうと考える人もいます。現場で働くためには技術力を最新のものにアップデートしていく必要がありますが、それよりもプロジェクトマネジメントに経験を生かしたいと思う人もいるでしょう。管理職に向いている人は、現状維持よりもキャリアアップへの思いが強い人と言えるかもしれません。

現場向きの人とは

システムエンジニアとして現場で働くのに向いている人は、現状維持を好む人と言えるかもしれません。ずっと開発の仕事一本でやってきた中で身につけた技術を大切にし、新しい技術の習得にもチャレンジし続けたいという人も現場に向いているでしょう。管理職になると、現場を離れて様々な人とのコミュニケーションを取らなければならないので、そのようなことをあまり好まない人は、現場で開発作業に集中した方がいいと考えるかもしれません。少なくとも、いやいややっていては仕事にならないことも多いのが管理職なので、現場に向いているという自覚がある人はその気持ちに従った方がいい場合もあるでしょう。

システムエンジニアのみなさんへ

一人前の管理職を目指すシステムエンジニアのために役立つ情報を紹介するサイトです。
【お問い合わせ先】